男性の高収入×仕事のやりがい

choices

あまり知られていないデリヘルドライバーの仕事

眼鏡の男性

デリヘルドライバーとは、名前の通りデリヘル嬢の女の子をお客様の部屋まで送ったり、迎えにいったりするドライバーのことです。このデリヘルドライバーについて知っている人は少ないと思いますが、この仕事は正直慣れると楽な仕事です。
基本的な仕事の流れとしては、女の子を事務所に迎えに行き、そこで軽い挨拶をします。そこからお客様の部屋まで送るのですが、車の中で女の子と会話をしなければいけないというわけではありません。もちろん女の子が話しかけてくれば軽く会話はしますが、無口な女の子に無理に話を振ったり、ご機嫌をとらなければいけないということはありません。そのため、最低限のコミュニケーション能力があれば充分です。
女の子を送り届けた後は、連絡があるまでは待機時間になり、この時間が短いときもあるのですが、長いときには本当に暇です。そして、時間になると女の子を迎えに行き、また事務所まで送り届けます。これを大体夜の7時くらいから明け方まで続けるのですが、慣れてしまえば道も覚えますし、そこまで疲れることなく続けることが出来ます。
また、夜働くことになるので給料も充分にもらえますし、お店の人との関わりも少なくストレスがほとんどない環境で働くことが出来ます。地域やお店によって働き方は変わりますが、これがあまり知られていないデリヘルドライバーの仕事です。

デリヘルドライバーは誰でもできるが注意も

デリヘルにはお店の場所を移動できたり、それほど大きな規模が必要ないといった特徴があり経営がやりやすいです。ただ、女の子を移動させなければならないので、欠かせないものとしてデリヘルドライバーがあります。
デリヘルドライバーの仕事をするにあたっては、自動車免許を持っていて、車も持っていて、という条件をクリアすればほぼ誰でもできます。もちろん道路でスムーズに運転できる必要がありますが、カーナビを使えばそれほど問題無いでしょう。
また風俗で働く場合、女の子にも共通していることですが、給料はできればその日にもらえるお店で働いた方がよいです。長期にわたって安定した経営をできるお店とは限らないので、もらえるときにきちんともらえるお店を選びましょう。
そして、デリヘルドライバーであっても一定の収入に達したら、きちんと確定申告をしなければなりません。デリヘルドライバーだけなのか、他に仕事をしているかによっていろいろ申告の条件は変わってきます。
また、サラリーマンの副業でやっている人は、その確定申告で会社に副業が知られることにもなるので、デリヘルドライバーをやるのはごく短期にするといった納税関係の注意をしていないと、本業を退職しなければならなくなるかもしれません。

デリヘルドライバーになるには?

世の中にはいろいろな職業がありますが、デリヘルドライバーになりたいという人もいるのではないでしょうか。デリヘルドライバーになりたいという人のために、どうすればなれるのかを解説します。
デリヘルドライバーになるためには、まず車を運転する免許を取得する必要があります。特別車を運転するような免許ではなく普通車免許で大丈夫です。
次に、車を用意する必要があります。デリヘル側で車を貸してくれる場合もありますが、それはレアケースです。普通は自分で車を用意します。用意する車は車種など決まりはないですが、あまり大きな車よりも小回りの利くコンパクトカーの方がベターです。
次に、デリヘルのホームページを見てデリヘルドライバーの募集をしているお店を探します。探してみると結構募集しているところが見つかります。
そして最後に、その求人募集に応募するといった流れになります。デリヘルドライバーになりたいという人はまだまだ少ないので採用される可能性が高いです。さらにデリヘルドライバーとして活躍すれば、いずれデリヘル店の店長や幹部に昇格する場合もあります。給料はかなり良いですから、それを目指してデリヘルドライバーになる人もいるくらいです。
少しでも気になったらデリヘルドライバーの求人に募集してみましょう。

いまではデリヘル人気が急上昇しており、それに伴ってデリヘルドライバーの需要も高い傾向にあるといえるでしょう。もし副業などをお探しなら、こちらのお仕事はかなり優良なものとなっているのでぜひご検討ください。運転免許があれば勤務可能なので、気軽に応募できるというのもありがたいポイントですね。

TOP